ドリフターズ(漫画) ネタバレあり 最新 第69話 感想

ドリフターズ 第69話 感想&ネタバレ 最新話

最新号の表紙はドリフターズ・島津豊久!

信長や与一と久しぶりに会えた感じです!!

69話は10月30日発売号に掲載です。

表紙の豊久、なかなかカッコよく描かれていますね!

アニメ続編の13話と14話が、12月23日に発売となります!

こちらも楽しみですねっ!!

「ドリフターズ」の1巻から5巻の無料購読(立ち読み)できます!

まずは前回(第68話)のあらすじ。

公子の軍が寝返り、どこでしくじったか考えを張り巡らせる信長に対して、余裕を見せる豊久。

関ヶ原で経験しているだけに、ここから巻き返しを期待したいところですが・・・

では、ドリフターズ 第69話 REACH OUT ネタバレと感想、いってみましょう!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

== 第69話 あらすじ(ネタバレあり) ==

ラスプーチンの調略により、公子の軍が寝返り、軍の移動の音が響きます!

くそっ!!と憤りを露わにする信長。

信長「公子の軍に…火縄銃は何丁 渡ってる!?」

与一「およそ 100丁!」

おっとっとっと。

公子の軍にも鉄砲を配備していたんですね。

それがアダになってしまいそうな予感・・・。

鉄砲だけでも返しやがれコノヤローバカヤロー!ですね!

山側の壕陣より兵を引かせ、山上から打ち落ろしを受ける被害を抑えようとする信長。

公子の軍に動揺が残っている間に立て直しを、と急な対応を取らざるを得ない状況に追い込まれますが・・・。

黒王軍も本気を出してきました!

炎のジャンヌ、氷のアナスタシアが参戦!

アナスタシアは「氷の出城」を作るなど、光秀の入れ知恵ですかね、「良くも考えつくものね」と言いながら、出城を作り上げるのでした。

その出城に陣取ったオーク共が、エルフに対抗して優勢に戦を進めます。

マズい、マズいんじゃないか、この展開は・・・。

さらにさらに、マズいことに・・・

倒したはずの巨人族が、復活、立ち上がります!!

そう、死んではいなかった巨人族を立ち上がらせたのは・・・

黒王の再生能力!!!

あまりの展開に信長、驚きで声も出ません!!!

「同時か 全て 同時か!!  光秀!!」

光秀の計算された軍法に、信長も内心、してやられたと思っているはず。

光秀「これ全て うえさまのなさった事 ぬるくなったものよ 前右府信長」

信長たちの元に戻った豊久は・・・

「ここまでじゃな」

と、ここがこの戦の終わりと見定めます。

「こん戦さば 負けじゃあ」

さらに、撤退命令を下します。

「全軍 廃城へ退け!!」

「ただただ ひたすら 廃城 目がけて 退けい」

さらにさらに、豊久が退却の命を細かく指示します。

「ゔぇるりなの都は 打ち捨てい」

「早ん馬ば 飛ばして オカマらに知らせい」

馬も途中で替えられるように、途中の村に繋いでいるという用意も万全。

しかも、廃城までの道もどの道を使え、と的確な支持を出します。

退却することに異論があったのか、途中から豊久の意図を感じ取ったのか、信長が豊久を心配するように

「お前・・・!!」

と言った直後、

豊久「殿軍は しんがりは 島津中務少輔豊久 おいが殿ば務めもっそ」

「運命が おいに もう一度 あれをやれと 言うておる」

やはり、豊久はこの世界でも大戦の、退却の殿を務めることになるのかっ!?

例の新聞で見ている紫は反論!

「ばかな」、「違う 違うぞ!!」

さだめなど無いんだ!!

思考を自動化するな!!

魂を自動化するな!!

う~ん、この紫のセリフも何か引っかかりますね。

先のストーリーで、その何かが分かるのかもしれませんが・・・。

豊久「もういっぺん 命ば 捨てがまらせて やると 言うておる」

「ドリフターズ」の1巻から5巻の無料購読(立ち読み)できます!

スポンサーリンク

感想

な、な、なんと!!

あっという間に黒王軍が戦況を巻き返し、豊久が退却を即断即決しましたね。

開戦時の黒王軍の出鼻をくじくところまでは良かったのですが、その後、一気に形勢逆転されて、このマモン高原での戦いは終焉を迎えようとしています。

軍対軍、という意味の戦いはあっさり黒王軍の勝利ということになりそうです。

ですが、双方とも、ドリフターズやエンズの誰かがやられたわけではないので、この後、どうやってドリフターズが黒王軍と対峙し、倒していくのか、それとも倒されていくのか、今後が気になりすぎです!!

まさか、殿をつとめる豊久がドリフターズ最初の死者、なんてことは・・・

うん、さすがに無いでしょ、無いよね??

まぁ、まだドリフターズ達はスキピオたちだったり、援軍はいるわけですから、黒王軍との争いは次のステージへ、という展開を楽しみに待つしかないですね。

この急展開、本当に驚きました!!

スポンサーリンク

お知らせ

メディコスの「超絶可動」シリーズの島津豊久と織田信長です!!

上:島津豊久   下:織田信長

与一が無いのが納得いかなーい!!

次号、第70話は11月30日(木)発売号に掲載予定です。

来月も読めますように!!

「ドリフターズ」の1巻から5巻の無料購読(立ち読み)できます!

次話 ◎ドリフターズ 第70話 はこちら

前話 ◎ドリフターズ 第68話 はこちら