ドリフターズ ネタバレ 第3話 (漫画の感想)

ドリフターズ 第3話 感想&ネタバレ

謎の弓矢女?と木瓜紋を背にする男のいる廃城に連れてこられた豊久ですが、未だ意識を失ったまま。

さすがにコテッと死ぬことはないと思うので復活するでしょうが、復活後の慌てふためきようはどうなることやら?

という感じで今回は豊久が目覚め、一騒動をおこすというストーリーです。

では、ドリフターズ 第3話 魔王 ネタバレと感想、いってみましょう!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

== 第3話 感想&ネタバレ ==

夢から覚め、異世界で目覚める豊久。

目の前の男の後ろの木瓜紋に気づき、織田家家中の者かと尋ねる豊久に対して、家中の者ではなく俺が織田信長だと断言する男。

信長はとうの昔に死んでいる!、ということは、ここはあの世で貴様は信長を語るあの世の鬼じゃ、と吠える豊久。

そんな二人の間に一本の矢が走り抜ける!

弓矢の女?が仲裁に入ったのだ。

そして獲ってきたと思われる鳥の羽を3人でひたすら、むしむしむしむし・・・(笑)、むしり取るのでした。

== 感想 ==

親父殿から初陣を褒められる夢を見て目が覚めた豊久ですが、目の前には怪しげな男。

家紋を見て、織田家の人間か?、と気づくのですが織田家の家紋ってあまり意識したことがなかったので調べてみました。

木瓜紋というのが織田家の家紋なんですね。

徳川家の三つ葉葵は水戸黄門の影響もあって知ってましたが、意外と織田とか豊臣の家紋はデザインは知っていても名称までは知りませんでした。

ってことで、それぞれのWikipediaをまたもや調べてみましたので、ぜひぜひ読んでみてください。

Wikipediaって読みだすと止まらないですよね(笑)

織田 木瓜紋などについて

豊臣 五七の桐などについて

徳川 三つ葉葵などについて

主に家紋についてのページを紹介していますが、もっと知りたい人はあちこちクリックしてみてください。

こうして豊久と信長のファーストコンタクトは予想通り、火花バチバチな感じで始まりましたね。

そりゃあ、死んだはずの人間が目に前にいると言われても誰だって信じられません。

異世界に飛ばされたことは自覚しているので夢でも見ているのか、はたまた天国か地獄のどちらかに辿り着いたと思っても仕方ありません。

「 おぉ、信長に会えた! 」くらいの軽い気持ちになれたら良いのかもしれませんが(笑)

そんな二人の仲裁に入る弓矢の女?は、いたって冷静ですね。

ぎゃーぎゃー喚き散らしながら止めるでもなく、力技でぶん殴るでもなく、威嚇射撃で黙らせるという賢そうなイメージです。

そして自分が獲ってきたであろう鳥=食料、の羽をみんなでむしる場を設けるという、場の空気を調整する能力もなんか良いです(笑)

弓矢と言えばロビン・フッドですが日本人だと・・・

おそらく次の第4話あたりで明らかになることでしょう、楽しみにしましょう!

◎ドリフターズ 第4話 はこちら

◎ドリフターズ 第2話 はこちら