ドリフターズ(漫画) ネタバレあり 第50話 感想

ドリフターズ 第50話 感想&ネタバレ

前回の49話では、黒王軍の北壁に潜入した弟子の元に、安倍晴明が現れ黒王と対峙します。

人間に絶望したため滅ぼすという黒王。

対する安倍晴明は人の可能性を信じると断言します。

世界廃滅、ドリフターズ抹殺に向けて準備万端の黒王軍の進撃が始まろうとしています。

では、ドリフターズ 第50話 BRING ON WAR ネタバレと感想、いってみましょう!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

== 第50話 あらすじ(ネタバレあり) ==

黒王と対峙していた安倍晴明は、「人間をなめるなよ」と告げ、弟子と二人で符術によりその場を去ります。

「なめてなどいるものか 心をこめて滅ぼすとも」と黒王。

豊久は刀の修復は無理というドワーフを見事に煽り、修復に取り掛からせることに成功します。

信長は西の第三軍と第四軍を何とかするために、サンジェルミの名義で両軍に書状を送らせます。

書状の内容は、オルテ国父の地位を復活させるので、どちらかの軍の将軍に国父として国威と秩序を回復して欲しい、というものでした。

== 感想 ==

信長のえげつない知略炸裂がきましたー!!

国父、つまり国王としての席を用意するぜ、ってことなのですが、こりゃあどちらの将軍も目の色が変わるでしょうね。

こうなると、将軍たちの思考は大して回らず、信長の手の平で転がされるようになるでしょう。

この2つの軍を信長はどうするのでしょうね。

互いに争わせるのか、国父の席を餌に一時的にでも協力体制を取らせるのか、企みの真相が気になりますね。

ってことで、知略のえげつなさは未だ判明していませんが、絶対にえげつないことだけは間違いないかと(笑)

さて、前回の49話で国王とせーめーのやりとりをどこからか、何らかの手段で見ていたEASY

啖呵を切った国王に対してEASYが、「はっはっはー 国王め 言いよるわー」とつぶやいたと思ったら、なんとキーボードらしきものを叩き紫にメールを送ろうとするシーンが書かれています。

ということは、この異世界は今の私たちが生きているような世界ってこと?ではないかと。

完全な異世界で銃器などがない遅れた文明世界だと思っていましたが、電子メールがあるなんて驚きです!

そもそも、様々な時代に繋がる扉、そうドリフターズや廃棄物たちがやってきた扉自体も、とんでもないテクノロジーですよね。

実はスゴい未来の世界なんだけど、世界は大ダメージを受けた後、ってことなのかも??

ドリフターズの世界観に迫る、さりげない一コマでした。

さて、弟子の背中の模様?だか呪符の一つ?から突如として現れたせーめーは、黒王に「人間をなめるなよ」と言って弟子と二人でドロンしました。

やっぱりドロンだったんだ・・・。

っていうか、このドロンもとんでもないテクノロジーですよ。

人が物理的に転送されるわけですからね。

この世界に来ると、能力が強まるのでしょうか?

でも、それって廃棄物の特徴だった気がします。

まぁドリフターズであっても、本来の能力が強化されるんだよ、ってことなのかもしれないですけどね。

そして黒王の捨て台詞も、なめてなどいない、という隙のない本気度が分かるセリフでしたね。

ますますドリフターズ、ピンチじゃないかって気がするのですが、大丈夫ですかねぇ(笑)

ドワーフと豊久のやり取りも面白かったですよ。

豊久の折れた刀=日本刀を見て、ドワーフは最初、「コレ無理じゃ直すの」と言うのですが豊久が、「なんじゃドワーフは鍛冶の匠ち聞いとったが出来んがか」と見事に彼らの職人魂に火をつけて、「やってやんぞ小僧コラァ ワシらナメンなクラァア」とその気にさせることに大成功!

刀って何度も打ったり熱を加えたりととにかく大変らしいというのは知っていますが、そういうことを知らないドワーフが最初、お手上げというのも無理はないですね。

ですが、銃を作った時に「作ったヤツはなかなかやる、俺らには敵わないけど」的な発言をしていたので、ちょっと煽られただけで意地になってしまいましたね。

もちろん、それが豊久の思惑なのか素でそうなったのかは・・・まぁどちらでも良いのですが、次の戦までに豊久の刀が見事に生まれ変わることを期待したいですね。

そうそう、第三軍と第四軍に書状を送らせた信長ですが、「そして与一 頼みがある」と与一にもちょっとお願いごとをしているんですよね。

与一がドリフターズの一員として、どちらかの軍に顔でも出すのでしょうか?

それとも与一の弓の腕が必要な何かでしょうか?

与一の活躍も見れそうな今後に期待ですね!!

◎ドリフターズ 第51話 はこちら

◎ドリフターズ 第49話 はこちら