ドリフターズ(漫画) 名言集:織田信長(第27話)

ドリフターズ(漫画) 名言集:織田信長(第27話)

信長が安倍晴明と出会い、「貴方がたは・・・ これからどうするおつもりか」と聞かれて今後の算段を話し、せーめーと意見を交わすのがメインの27話です。

信長の目指すもの、自身への振り返りなど、熱いものを感じられるストーリーです!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

ドリフターズ(漫画) 名言集:織田信長(第27話)

「この世界に 武士 という 新しい制度が 現れる」

オルテに支配された諸族を解いて周り、オルテ帝国を地上から消す、と宣言する信長。

そして新しい多部族連合国家を成し、兵権は自分たちが握り豊久をその統領とする。

と、これだけでもビックリ仰天な発言ですが、その後のカッコいいセリフがコレでした。

武士という新しい制度、シビレます!!

「それでも オルテよりマシだ 廃棄物に滅ぼされるよりマシだ だいぶだいぶマシだ」

セーメーは行きつく先は軍閥による簒奪だ、といわゆるクーデターや権力争いが起きるに決まっていると言い、「私をなめないでほしい 織田信長殿!!」と力を込めた発言をしますが、信長がこのセリフで切り返します。

まさに文字通り、オルテより、廃棄物に滅ぼされるより、絶対にマシでしょう。

それが出来なければ、廃棄物に人類は滅ぼされるわけですから、そこに可能性を見出しましょうよ、セーメーちゃん(笑)

「俺は どうも実は そういうのは ダメな男らしい」

「なぜ 貴方が王になろうとしない」とセーメーは豊久を統領にするという信長に質問を投げかけます。

そして、ここから信長の自分自身への戒めというか、元の世界でやってきたことを振り返り、感じたことを口にします。

その第一声がこのセリフでした。

自分の度量を知るというか、分をわきまえるというか、そういうのは大切ですよね。

「だから滅んだ 俺の五十年は 俺の人生は 無駄になった」

なかなか言えないセリフだと思いませんか?

自分が生きた年月を、自分の人生を、人前で素直に無駄になった、なんてそうそう言えるものではないですよ!

どんな結果であれば、自分の人生はどうだった、と堂々と言えるようになりたいものです。

「王の器だ だが バカなので 補佐がいる オレだ」

すぐに分かりますよね、誰のことを言っているのか。

バカ=豊久、補佐=信長。

信長は見事、豊久を王にすることが出来るのでしょうか!?

その前に、廃棄物を倒さないことには始まらないと思いますけどね。

スポンサーリンク

お気に入りのセリフはコレだ!

今回は熱いものを感じるセリフが多かったかな。

私の一番お気に入りは・・・

「だから滅んだ 俺の五十年は 俺の人生は 無駄になった」

これですよ、コレ。

自分の人生を客観的に見ることが出来れば、こういったセリフもサラリと言えるのかもしれませんね。

自分の人生は・・・まだまだ迷走しまくってます(笑)