ドリフターズ(漫画) ネタバレあり 第43話 感想

ドリフターズ 第43話 感想&ネタバレ

土方を小馬鹿にしているのか真面目に向き合っているのか、豊久が戦っている頃、信長たちが黒王軍の兵たちを一網打尽にする作戦を進めます。

そんな42話での戦いの準備が、この43話で見事花開くでしょうか?

そして、豊久は土方の怒りを買う中、どんな戦いを見せるでしょうか?!

では、ドリフターズ 第43話 億万笑者 ネタバレと感想、いってみましょう!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

== 第43話 感想&ネタバレ ==

飛び回る豊久をついに捉え、一撃を浴びせた土方の刀が豊久の刀を破壊します。

そして新選組の悪霊が豊久に襲いかかり、豊久は傷だらけの全身血まみれになります。

すると、建物から一斉に火の手が上がり、黒王軍の兵たちが火計にはめられます。

逃げようとする兵たちは、オルミーヌの石壁により出口を塞がれ、逃げ場を失った兵たちは窓を破壊して出ようとしますが、そこには鉄砲隊が待ち構えており、鉄砲の餌食となり、さらに与一率いる弓隊の火矢により建物ごと炎に包まれます。

唖然とする土方に対し、豊久は信長を信頼しておりそのためなら何でもできると言い放ちます。

さらに怒る土方、そしてその場にデカい銃を持ったドワーフが駆けつけるのでした。

== 感想 ==

再び刀を交えた豊久と土方ですが、土方の一撃が豊久の刀を折ってしまいます。

まさか、剣士の力量は土方のほうが上?!

それとも刀の優劣?!

たしかに戦国時代の古い刀より、幕末の土方の刀のほうが刀としての出来がいいのは間違いないでしょうからね。

土方の刀、名刀なんちゃら、とか言ってトンデモナイ刀だったりして。

ムラサメブレードとか雷神剣とか(笑)

そして、刀を折られて隙を見せてしまった豊久に、新選組の悪霊が襲いかかります。

倒れはしなかったものの、全身から血を吹き出し今にもぶっ倒れそうな豊久。

土方が目の前にいますからね、ここで倒れたら首、取られちゃいますもんね。

土方は、「貴様は俺達を舐めた 新撰組を舐めた」と言いますが、豊久は「舐めた事など一度も無い」と戦場故に何でもすると反論します。

これもまた、以前、書いたように価値観の違いですね。

こんな問答を繰り返しているタイミングで、建物から炎が起こり、黒王軍の兵たちが完膚なきまでに滅せられます。

やはり一気に倒すなら火計なんですね。

確かにこの時代、最も効率のよい戦い方がこれだったのかもしれません。

相手を倒す狩り場、炎のための油という材料、これさえあれば、後はどうやってその状況を作り出すか、だけですもんね。

その状況を作るためにオルミーヌの石壁も活躍しますが、オルミーヌ本人はめっちゃ不服そう。

「また私の札が ひどい事に使われている・・・!」と言ってますが、黒王軍はては廃棄物を倒すために使われているのですから、十月機関の道士としては喜ぶべきところだと思うんですけどね~。

そして、この時のオルミーヌの画が・・・エロいっす♡

だっちゅーのポーズにヒップを突き上げたこの格好、ヤバイっす♡

ぜひ、こんなレイヤーさんがいたら仲良くなりたいものです(笑)

でも、絶対にこのドリフターズのコスプレする人、いっぱい出てくるだろうなぁ、って思ってます。

この火計の成功に、信長が派手に笑うんですよね、「ひゃっ ひゃっ ひゃっ ひゃっ」って(笑)

そして「敵をとり籠めて火ぃつけるのは気分いいなぁ 光秀めぇ さぞ気持ちよかったろうなぁ」と本能寺の変を思い出し、光秀への怒りを思い出します。

キャンプファイヤーとか炎を見ているだけで、なんか気持ちが良くなるというか高揚するというか、ありますもんね。

今回は敵を殲滅しているという戦闘効果もあるわけですから、信長の気持ちよさは推して知るべしといったところでしょう。

この後、豊久が土方に語ります。

自分は功名餓鬼で豊久が仕えた島津義弘や父親のようにはなれない、だが織田信長は違う。

自分が土方相手に時間を稼げば、その間に信長が必ず戦の流れを変えてくれる、と。

そして自分が関ヶ原で死んでも島津のお家がそれを糧に事を成す、そういう意味で死んでも死なない、だから何でもできるのだと豪語します。

ここで土方の怒りは最高潮に達します。

「てめえら島津のそれが俺達を殺しやがった」と。

死ぬことを恐れず、何でもできると言い切る豊久。

そう、良い意味で後先考えずに今を精一杯生きる、これこそが日本男子、九州男児の有り様のように思えます。

こんな意気込みを今を精一杯に生きたら、さぞかし毎日が充実するでしょうね。

あぁ、早く脱サラしたいです(笑)

そして最終ページではデカい銃を作ったドワーフが豊久に向けて、「ジジムサい事 言っとるのお!」と駆けつけます。

ドワーフの助力、豊久は受け入れるのでしょうか?

大勢でゾロゾロ出てきたわけではないし、今にもぶっ倒れそうなダメージ受けているようだし、相手は悪霊という助力もさっきからあるし・・・。

ってことで、素直にドワーフと二人でこの窮地を脱するのが賢明だと思います。

豊久、実は大ダメージでしょ、絶対(笑)

◎ドリフターズ 第44話 はこちら

◎ドリフターズ 第42話 はこちら