ドリフターズ(漫画) 名言集:島津豊久(第23話)

ドリフターズ 名言集:島津豊久(第23話)

ジャンヌvs豊久の戦いが本格化する第23話から!

バトルのセリフもイイものが揃っています!

豊久のセリフ、とくとご覧あれ!!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

ドリフターズ 名言集:島津豊久(第23話)

「荒れて 果てても 俺らの城じゃ」

ジャンヌがバンバン廃城の周りを燃やしまくり、森も城も何もかも燃えてしまうよう、と言うので、たまりかねた、わけではないのですが出てくる豊久。

その時のセリフですね。

どんなんでも俺らの城、そんなにバカバカ燃やすなよ、と言いたいのでしょう(笑)

「応 逃げもはんど」

「さあて もう逃がさないよう」と、豊久を燃やす気満々のジャンヌに対して、豊久もオルミーヌと作戦会議やって首を取る気満々!

逃げる気なんてさらさら無いということで「逃げもはんど」、逃げないぞ、と高らかに宣言するのでした!

それにしても、薩摩言葉?は難しいですね。

逃げもはんど、って絶対に初めて聞いた時は分からないと思います。

「薩摩ん兵子(へご)で 血迷うとらん者(もん)は一人もおらんど」

背後にオルミーヌの石壁を出してもらって退路を断ったように見せる豊久。

ジャンヌは豊久が何をやりたいのかサッパリわからず、「血迷ったか こいつ!!」と叫びます。

そこで、まずは「応」と応え、血迷ってるに決まってるじゃんと言わんばかりのセリフがコレでした。

薩摩ってみんなそうなんですかね、怖い怖い(笑)

「首 置いてってもらうど」

石壁を背にして、発射準備オッケーの豊久。

刀を口にくわえて、「ふひ ほひへっへ ほはうろ」=「首 置いてってもらうど」、と言うのですが、刀を口にくわえる必要、あったんですかねぇ(笑)

そして、刀を口にくわえ石壁に軽くジャンプ、そして次のセリフが・・・

「やれやあ おるみぬ!!」

オルミーヌに合図を送り、石壁の背後から新たな石壁を出してもらい、その勢いでジャンヌのほうに突っ込むという、発射台として石壁を使った豊久。

石壁が出てくる勢いを見て、「使える!」って思ったんでしょうね。

それにしても、突飛な発想(笑)

スポンサーリンク

お気に入りのセリフはコレだ!

こうして、ジャンヌに人間ロケット豊久弾を飛ばすのですが、すれ違いざまに首を掻き取るとはしないんですね。

まぁ後で分かることですが、女の首は取らないというのが豊久の法度のようなので、とりあえず倒してそれを確認してから、だから飛び蹴りくれて井戸に叩き落として、なんでしょうね。

さて、今回のお気に入りのセリフは・・・

「荒れて 果てても 俺らの城じゃ」

こういう気持ち、わかるわかる!!

ボロいとか何とか言われても、自分にとっては大切なモノなんだ、ということありますよね。

車とかカメラとかバッグとかお気に入りの服とか。

ちょっとそんなことを思い出させるセリフでした。