ドリフターズ(アニメ) 紫新聞から最新情報 【7/30発売号は休載で涙目】

ドリフターズ(アニメ) 紫新聞から最新情報

7/30発売のヤングキングアワーズは、予想通り?、ドリフターズは休載でした。

ちくしょー、ただでさえ1カ月が待ち遠しいのにもう1カ月かいっ!

かろうじて、アニメ情報ページの紫新聞は掲載されていたので、アニメに関する最新情報をお届けします!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

ドリフターズ(アニメ) 紫新聞から最新情報

今のところ、10月放送ということ以外は、10月のいつなのか?、放送局はどこなのか?、といった部分が謎のままです。

放送日に関しては、大胆な予想をしています。

これ、的中する確率は高いと思っていますがどう思いますか?

ドリフターズ アニメはいつから?放送開始日を予想!

この放送日に関する情報、今回の紫新聞で・・・まだ明かされていません!

はよ、明かしてくれいっ!って感じですが、待つしかありませんな。

スポンサーリンク

キャラクター相関図

今回の紫新聞はキャラクター相関図が載っていました!

紫とEASYの関係は「対立」

召喚された者が必ず通る廊下にいる人物。この2人の対立が全ての発端?

このEASYが召喚したのが廃棄物(エンズ)。

この廃棄物をまとめる絶対的な支配者が黒王。

廃棄物のメンバーは土方歳三、ジャンヌ・ダルク、ジルドレ、アナスタシアなどに加え、オーク、ゴブリン、コボルト、巨人族。

その廃棄物と戦うのが漂流者(ドリフターズ)。

メンバーは織田信長、那須与一、島津豊久に加え、ハンニバル、スキピオ、ブッチ、キッドら。

これに人間たちやエルフ、ドワーフ、猫族、犬族が加わります。

そんなドリフターズを監視?、アドバイス?しているのが十月機関の安倍晴明、オルミーヌたち。

と、こんな感じの相関図が載っていました。

そして、この相関図と共に載っていたのが、パリで開催された「Japan Expo」の様子。

その記事から主な内容を紹介します!

スポンサーリンク

Japan Expo

Japan Expoは、マンガやアニメだけではなく、武道や民芸、伝統音楽などを紹介する場。

そこにドリフターズの作者、平野耕太氏、アニメプロデューサーの上田氏、ヤングキングアワーズの筆谷編集長が招かれました。

そして予定になかったドリフターズのオープニング映像を流し大歓声!

ヨーロッパでもドリフターズ旋風が巻き起こるでしょうね!

で、パネルディスカッションの席で裏話も披露したとのこと。

なんと、当初、アニメのドリフターズは7月放送開始だったのが制作が遅れて10月になったんだと!!

ってことは、本当は今頃ドリフターズのアニメを楽しめてたってこと!?

くぅぅぅ、悔しいー!!

とまぁ、Japan Expoはドリフターズの存在をたっぷり示してきた場になったようです。

あとは10月の放送開始に向けてしっかり頑張ってもらうしかないですね!

そして、ホント頼むから毎月の連載、休載無しでやってくれい(笑)