ドリフターズ(漫画) 考察:廃棄物の特殊能力 黒王

ドリフターズ 考察:廃棄物の特殊能力 黒王

ドリフターズの敵方・廃棄物の王にして総大将、黒王。

その能力は既に何度も描かれており、「生命の増殖」とのことですが、描かれていること以上に何か色々と隠されていることもあるようです。

黒王の正体も不明(考察あり)ではありますが、そんな黒王の特殊能力について深く考察してみます!

スポンサーリンク


無料漫画&読み放題漫画 漫画を読むなら『まんがっぴ』

黒王の特殊能力

黒王の特殊能力については、ラスプーチンがこう言っていました。

「生命の増殖」

兵たちの怪我を触れるだけで直してしまうなんて、衛生兵や救護兵がいらなくなってしまいますね。

漫画の中では肩にザックリと切り傷があるオークを触れるだけで直している場面が描かれていました。

同様に、戦のあとに傷ついた兵全員を集めて回復して回ったなど、破壊や殺戮だけが目的と言われている廃棄物の所業とは思えないですよね。

この能力は人間やデミヒューマンだけが対象ではありません。

農作物に触れれば、無尽蔵に増やすことが出来るというこれまたトンデモナイことが出来てしまいます。

今の時期だったら、スイカをガンガン増やしたいですね私だったら(笑)

この能力のおかげで、兵糧の心配は不要。

これもまた頼もしい能力というか厄介な能力というか・・・。

味方にいれば心強く、敵にいればこの上なく手強い相手です。

こんなのを相手に戦うドリフターズは、どうやって敵戦力を削っていくのでしょうか。

文字通り、「必殺」、そう戦ったら確実に息の根を止める、とでもしないとダメでしょうね。

また、薪のような木材も増やすことが出来るというやり取りもありましたね。

有効に使えば、武器や防具の材料としても使えますし、櫓(やぐら)や柵などの城壁に必要な設備の材料も増やせるということ。

万能すぎてヤバイ能力としか言いようがありません。

そんな戦闘補助に向いているように見える能力ですが、使い方次第で攻撃にも有効であることが青銅竜とのやりとりで証明されています。

「生命の増殖」とは細胞の活性化。

この活性化も度が過ぎると増殖した細胞は腫となり死に直結します。

恐るべし黒王。

スポンサーリンク

黒王の弱点

こんなトンデモナイ能力を持った黒王に弱点はあるのでしょうか。

はい、その弱点のヒントとも言えるやりとりがちょっとありましたね。

まず、黒王自身は「永遠に生きる存在ではない」と自分のことを言っていたということ。

黒王が能力を使うと何らかの消耗をしているということ。

その消耗?に関係しているのか、身体から何かの欠片を落としていること。

と、3つも描かれていました。

特に3つ目の、身体から何かの欠片を落としているというのは、明らかになると弱点に直結しそうな感じですね。

塩の塊ではないか?、という予想もあるようですが石、石膏のようなものにも見えます。

能力を使えば使うほど、身体が石のようになっていくのでしょうか??

黒王に能力を連続して使わせることが、黒王を倒すヒントになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

こんな感じでかなり強力な特殊能力を持つ黒王ですが、代償も小さくはないようです。

そこにドリフターズ側の付け入る隙があるような気がしますが、そこに気づかないことには始まりません。

さすがにこれ以上の隠し能力などはないでしょうが、正体が隠されているだけで十分、余力を残しているとも思えます。

とにかく反則級の強力能力を持った黒王。

今後、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!!